パパ活沼について-パパ活あるある-

こんばんは。MoMoです。
今回はパパ活にどっぷりハマってしまったために、普通の生活ができなくなってしまう、そんなあるあるについて書いていきますねー。
MoMoは目標もあったし、大学卒業後普通の企業に務めた経験もあったので、なんとか保つことができましたが、そうではない人や、どっぷりと浸かってしまい戻れなくなってしまった、そんなパパ活沼をご紹介していきます。

MoMo
こんにちは♡MoMoです。今回はパパ活をはじめてしまったばっかりに…というお話です。ぜひ読んでくださいね!

パパ活沼にハマってしまった現在30オーバー女性の話

パパ活をやっていると、人によっては普通に働いているOLの月収以上を稼ぐこともあります。30万は当たり前、月に100万や200万の収入があるパパ活女子だって少なくありません。

もちろん、貰ったお手当をどう使うかは本人次第ですが、大半を貯金に充てて慎ましやかに生活している…そんなパパ活女子の方が少ないはずです。例えば海外旅行に行くためや、整形するために一時的な貯金はするかもしれません。ですが、長期的に貯めている人はそれほど多くないように見えます。

私も同様で、日々の生活費や学校に通うための費用としてパパ活で貰ったお手当を使ってました。

それがダメなわけではありませんし、そのような生活で成り立つのであれば問題ないと思っています。

危険なのは、この先10年後、20年後の生活がどのように影響するかと言う点です。一時期のボーナスステージのような感覚でパパ活をやっているのであればそれはそれでありですし、大学に通っている間なかなかアルバイトができないからパパ活で稼ぐのもいいでしょう。ですが、ずっとパパ活をやっていっていざパパ活ができなくなったとき、自分がどのような生活をするのかちょっとだけ考えておいた方がいいかもしれません。

全盛期にパパ活をやっていたある女性が、30歳に差し掛かり、パパ活をするには薹が立ってしまい、パパ活を引退しようと決心した人がいます。ですが今まで贅沢三昧だった彼女が急に普通のOLと同じような給料で生活をするのは難しかったようです。

普段は月に数十万ほど自分の服やコスメ、エステに使っていた彼女が、稼げるのは20万ほど。ここから家賃や光熱費など生活するために必要な金額を差し引いて残ったお金はたったの数万円です。以前と同じような生活をすることなんて到底無理なこと。

結局彼女は30歳を超えて尚、パパ活女子として活動しているわけですが、年齢に勝てず、なかなか良いパパが見つからず苦労していると人伝てに聞きました。パパ活で沢山お手当を貰っているからと言ってそれがいつまでも続くと思わないようにした方がいいかもしれません。もしくは、たまたま今だけのボーナスステージ、と割り切ってパパ活を楽しむのがベストです。

うっかり個人情報を漏らしてしまいストーカーされてしまったパパ活初心者の話

パパ活は、危険と隣り合わせ…なんて話を聞いたことがある人もいるはず。特に周囲にバレないようにこっそりやっている人であれば尚更です。

ですが、パパの中にはとてもやり手なパパもいて、もちろんスマートで紳士なパパもいますが、中には粘着質で恨みつらみを心に秘めているパパだっています。

パパ活初心者の子で、パパに家を知られて、ストーカーされてしまった子がいます。彼女は本当に軽い気持ちで、プラスアルファで稼げたらいいなという程度でパパ活を始めた初心者でした。この子自身はとてもいい子で、それなりにパパからも可愛がられていたのですが、その中の1人のパパは、前にパパ活をやっていた女の子に騙されてしまった過去を持っていたようです。初心者の子に対して根掘り葉掘り情報を巧みに聞き出し、ついには住所を特定した模様。初心者の子には何も非がないにも関わらず、「パパ活をやっている女はみんな悪だ」と思うようになっていたようです。

住所を知ったパパは、嫌がらせをしたり、帰った途端にインターホンをなんども鳴らしたりと、迷惑行為をしていました。パパ活初心者の女の子は最終的に引っ越してそのパパとは縁が切れたようなのですが、迂闊に個人情報を漏らしてしまったがために起こってしまいました。

だからと言って全てのパパが迷惑行為をするわけではないのですが、中には騙されたから、別の子を騙してやるなんて考える人がゼロとも言い切れません。自分の身は自分で守らないと、嫌な気分になってしまいます。

パパ活をやっていても一般的な感性は無くさないように

特に気をつけたいのが金銭感覚です。確かにパパ活をしていると、高級なお店やブランド品、お小遣いなど沢山手に入ります。それに慣れてしまうと一般的な感覚が失われてしまうのです。中には、当時付き合っていた男性と、金銭感覚の違いで別れてしまった人もいるほどです。

パパ活で贅沢を味わってしまうと、なかなか抜け出せないかもしれませんが、それが理由でパパ活を引退した後にしっぺ返しがきてしまうようなことにならないように気をつけて生活するのが大切かもしれません。